占いの樹

愛知県名古屋市栄にある「占いの樹」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ秋、今日から9月です。龍月さや香

いつもありがとうございますm(__)m火曜・土曜日担当の龍月さや香です


前回のブログでは、私事ばかりそれも自分の膝の痛みの話題で、大変失礼いたしました。


皆様にご心配お掛けして、本当に申し訳ありませんでした。



お陰様で、全快とまではいきませんが、痛みはほとんど消えて、見た目はほとんど普通に歩けるようにまで回復しました。



これ以上、我が身の事で引っ張るのは、気がひけますが、ちょっと不思議な体験をしましたので、もう少しだけ聞いて下さい。



少し前のブログで、作家の宇野千代さんが人生の師として尊敬して止まなかった、中村天風氏の事をご紹介させて頂いた事があります。



お恥ずかしい事に、書いた私が天風氏の事をすっかり忘れていました。



天風氏は、こんなふうに言われたのです。(ごめんなさい、正確な言葉使いではありませんが)



痛む身体をすぐ治す事は出来ないが、心を痛みに支配される事はやめなさい。心だけでも自由になって明るくしてみなさい。出来なかったら、言葉だけでも、楽しいと言ってみる。治ったと言ってみる。毎日ニコニコして、治った、痛くない、嬉しい、楽しいと言って暮らしなさい。それで、絶対治ります。私は実際、それで重い病から立ち直りました。



そもそも心と身体は連動しているのですから、身体に支障があれば、誰でも、心も苦しくなり、言葉でも辛さを吐かずにはおれません。


けれども、連動する心の方をまず健康にしてみようという訳です。



心をガラリと変える事も大変ですから、まず言葉を変え、表情も変えてみるのです。



謂わばウソをつく訳ですから、正直な人には大変です。それで無くても、痛みを訴える心の奥には、この辛さを分かって欲しいという、切実な願いがありますから。



私もそうでした。切々と周囲に痛みを訴え続けたある日、ふと天風氏のこの言葉を思い出したのです。


そこで、ある治療をきっかけに、治ったと言って見ました。



実際には治ってはいなかったのですが、言ったとたんに本当に治った気がしました。



それから毎日痛くないと言うようにしたら、日に日に良くなって行ったのです。



これは偶然かも知れませんが、私はそうは思いません。



私の膝痛なぞ、病気のうちにも入らないもので、治るべき時期が来ていたからだと思う事も出来ます。



私は天風先生ありがとうと心の中で言って暮らしています。



お金がかかる訳でもなく、周囲に迷惑がかかるか訳でもない、この方法を機会があったら、あなたも試して見ませんか?



あなたの幸せを願って…



龍月さや香

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。