占いの樹

愛知県名古屋市栄にある「占いの樹」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。龍月さや香です

火曜日と土曜日を担当しています。いつもありがとうございます


4月も下旬になったというのに、寒い日が続きます。

異常気象としか思えませんが、俳句の季語ではこの時期の寒さを、若葉寒(わかばざむ)と言うそうです。

もう少し経つと青葉寒(あおばざむ)、その次は梅雨寒(つゆざむ)と続きます。

さすがに夏ざむとは言わないようですが、現代なら冷房ざむを付け加えたいところです。

因みに夜寒(よさむ)は秋の季語です


という事は、この寒さも昔からよくある季節の現象なのでしょうか。


それにしても、日本語は美しいですね


ところで美しくはありませんが、これからの時期は、5月病という言葉があちこちで聞かれます。俳句の季語としても使われているかも知れません。


5月病の原因は入進学とか、新しく社会人になったり等の、環境の激変が引き起こす心の病いとされているようです。しかしこの時期特有の自然界の圧倒的生命力についていけない事が大きな要因と指摘する説もあります。


春の到来と同時に一斉に咲き始める花々、若葉の芽吹から始まって、むせかえるほどの新緑の季節を迎えます


野生の動物も生殖活動が活発になりますが、私達はせいぜい動物園の出産ブームを見る位です。


この自然界の営みから、私達人間だけが、取り残された結果、始まった文明病と思うのです。


この美しい季節、頑張るのをやめて、外へ出てみませんか?5月病の人もそうでない人も…。


草の匂い、若葉の香りに包まれて、刻々と変わる空の色、雲の様子をぼんやりと眺めてみませんか?


私達人間も自然界の一部で、その中で生かされているのだと私は思います。


人間社会は複雑で、そんな事をしても、何の解決にもならないかも知れませんが、元気だけは貰えると思います。自然は「気」と呼ばれるエネルギーの宝庫ですから。


元気になったらきっと乗り越えられますよ。


龍月さや香 でした

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。