占いの樹

愛知県名古屋市栄にある「占いの樹」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お花見の季節になりましたね。 2013年03月19日
テーマ:担当者より
火曜、土曜日担当の龍月さや香です。いつもありがとうございます。


各地で花便りの聞かれるこの頃、この地方での開花も間近、というよりちらほらと咲きだしてますね。


私を含めて家族全員が花粉症という我が家でも、お花見にはマスクを付けて、毎年出かけています。


1か月ほど前の中日新聞の暮らしの作文に、心に残った言葉があります。お読みになられた方もいらっしゃるかと思います


うろ覚えですが、「咲いた花見て嬉しいならば咲かせた根元の恩を知れ」だったかと思います。たしか、さるお寺の石碑に刻まれていたとか。もし違っていたら、ごめんなさい。

お花見の事を思っていたら、この言葉をふと思い出しました。


根元の恩…思った事もありませんでした。それどころか、1昨年、私の地元では、満開を待たずして、桜祭りを終了させてしまった事があり、お役所仕事として、非難していました。


この件も、後で聞くと、ボランティアの方々や有志によるご苦労の末にやむを得ない選択であったとか。


花を咲かせてくれるためには、その花を見てもらうためには、どれ程のご苦労、難儀がある事でしょう。


そう、咲いた花とは、結果ですね。私達は、ともすれば、人生の色々な「花」を自分の努力の結果と思い込みます。現に私がそうでした。


この年齢?にして、今更ながら思い出す光景があります。


平凡ですが、卒業式の朝を迎える度に、涙を拭っていた母、別れを惜しんで目を潤ませておられた先生の姿…。どこにでもある場面です。


それを当たり前と思って、感謝した事のなかった私でした。


でも気づかせて頂いたのですから遅すぎるという事は無いと思います。

今年の桜は、今までと違う思いで、見られそうです。

読んで頂いてありがとうございました。

龍月さや香

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。