占いの樹

愛知県名古屋市栄にある「占いの樹」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火・土曜担当の龍月さや香です 2013年02月02日
テーマ:担当者より
いつもありがとうございます


梅もそろそろ綻びはじめて、明日は節分、明後日は立春、春の足音が聞こえてくるようです。


旧正月は今年は2月10日で、昔の暦は日本の四季によく合っていますね。この時期なら、まさに新春です

3年程前、偶々、旧正月に伊勢神宮へ参拝に行った時の事を、ふと思い出しました。


その日の余りの大混雑に驚いて周りの人たちに聞いて、旧正月だと知りました。それで納得したのですが、その大勢の人々は、中国人が過半数以上を占めているらしいと聞いて、またまた驚いてしまいました。


アジアの国々では日本以外はほとんど旧正月を祝うとは聞いていましたが、わざわざ日本のそれも伊勢神宮を選んで、中国人が大挙してお参りとは!と。


いやいや、情けないのは旧正月を忘れている、私のような日本人です。

世が世であれば、こんな現象があるはずありません。

日本人の精神の支えとも拠り所ともされる伊勢神宮は今や世界的観光名所なのでしょうか

それはそれで結構な事かもしれません。


でも、その時感じたのは、漠然とした不安でした。


中国の人たちは観光として寄られたのか、信仰心のためなのかは分かりません。


ただ勝手ですが、ここは日本、しかもお伊勢さん、たった1日でも、旧正月なら尚更、日本人でいっぱいであって欲しかったと。


自分こそ忘れていたのに、身勝手で恥ずかしいですが


でもそれから私は毎日ちゃんと暦を確認するようになりました。新、旧両方ともです


そうして、重大な発見をしました。冒頭に申し上げたように、旧暦は日本の四季や行事とよく合います。


何よりも日頃忘れている、日本特有の季節感というか、季節とのふれあいを感じさせてくれるのです。


今年の2月10日の旧正月には、伊勢神宮には行けないけれど、精一杯、新春の気とお正月気分を味わっててみたいと思います。ほんの少し、祖先の心に寄り添えればと願う私です


龍月さや香
でした

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。