占いの樹

愛知県名古屋市栄にある「占いの樹」のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワースポット

日曜日担当の 乾 です。



「パワースポット」って、何語? 何を指すの?

35~36年程前に、清田 益章氏(自称:超能力者)によって作られた和製英語です。

「パワースポット」を定義すれば、自然界の中で 我々にとって「有益な力の場所」?かな

それまでは、「パワースポット」は「聖地」「聖域」と呼ばれていました。



この「有益な力の場所」は 古からシャーマン(神官・巫女・呪術者)などにより

感じられ、守られてきました。

大地の激突により隆起した山々、その山々の間を流れる大河、瀑布は古代の人々に

よりダイレクトにその「力」を感じさせたことでしょう。



古代の中国の人々は、「力」は一定の場所に留まることなく、移動している事を見つけました。

この「力」の移動を「風水」という言葉に置き換え

人々にとって「有益な力」は何処から来るのか?何処へ去ってゆくのかを追究してゆきました。

「風水」の究極的な考え方は肉体的、精神的に癒されるだけでなく、「元気」になれる場所に

定住する。

自分の家が「パワースポット」になるには・・・・・ということを突き詰めてゆくものです。



乾!、能書きはいいから「パワースポット」はどこか教えろや!!



はい、くどくなりました 済みません。



熱田神宮

名古屋市、名古屋近郊に在住する方々には絶対外せない「聖地」です。

祭神 は熱田大神(あつたのおおかみ)であり、三種の神器 の一つである草薙剣(くさなぎのつるぎ・天叢雲剣 )を神体 としていす。

相殿神に天照大神 (あまてらすおおみかみ)、素盞嗚尊 (すさのおのみこと)、日本武尊 (やまとたけるのみこと)、宮簀媛命 (みやすひめのみこと)、建稲種命 (たけいなだねのみこと)を祀っています。



「パワー」の取り入れ方ですが、ごく普通に参拝すれば20分とかからないうちに、熱田神宮を出てしまいますが、それでは意味がございません。

最低、1時間は「熱田の杜」に留まってください。参拝後、ぶらぶらと散策していただくのが一番かと

ここで、得られます「力」は、「木」「火」「土」「金」「水」と五行すべての「力」です。



神という言葉は「か」と「み」、即ち「か」:「火」 「み」:「水」=「火」:「南」 「水」:「北」を意味します。

熱田の杜の木々:「木」

神宮境内:「土」

祭神の天叢雲剣:「金」 と、このようになります。

どうぞ、熱田さんとご縁がございましたらご参拝ください。



                             乾 観水

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。